オリックスは同点とされた直後の八回2死一、二塁から吉田正の二塁打で2点を勝ち越した。3番手の近藤がプロ初勝利を挙げ、平野が20セーブ目。西武は八回に浅村のソロで追い付いたが、その裏、菊池が2四球の後...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ