西武は追い付かれた直後の五回2死から失策を足場に秋山、源田、浅村の3連続適時打で勝ち越し、七回に山川の二塁打で加点。四回途中から救援陣が無失点で踏ん張った。オリックスは先発山田が6四死球の乱調で四回...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ