阪神が4連勝。3―4の七回1死一、二塁から代打の伊藤隼が逆転3ラン。六回から継投で、ドリスが苦しみながらも27セーブ目を挙げて逃げ切った。同一カード3連戦3連勝は約3カ月ぶり。ヤクルトは35年ぶりの...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ