中日が接戦を制した。5―4の九回に抑えの田島が同点ソロを浴びたが、延長十回に福田の併殺打の間に1点を勝ち越した。九回2死満塁をしのいだ岩瀬が3勝目。祖父江が2季ぶりのセーブ。巨人は粘ったが、カミネロ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ