広島が引き分けに持ち込んだ。3点を追う九回、代打松山、西川の連続適時打で追い付き、救援陣も無失点リレーで応えた。阪神は一回2死から一挙4得点して流れをつかんだが、抑えのドリスが誤算で、自力優勝の可能...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ