広島が逃げ切った。一回に鈴木、エルドレッドのタイムリーで3点先制。四回は会沢が左前打で加点した。野村は6回2失点と粘り、救援陣の踏ん張りもあって7勝目。阪神は岩貞が4回4失点と崩れ、打線の反撃も及ば...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ