楽天が逆転勝ちで連敗を3で止めた。2―3の九回2死走者なしから2者連続四球で好機をつくり、聖沢が2点二塁打を放った。5番手の久保が2勝目。福山が3セーブ目。オリックスは九回を任された新人の黒木が踏ん...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ