西武が一発攻勢で3連勝を飾った。2―2の五回、秋山の右中間への勝ち越し3ランと栗山の3ランで一挙に6点を挙げた。ウルフが6回2失点で7勝目。日本ハムはプロ初先発の上原が五回途中4失点と粘れず3連敗と...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ