ヤクルトが7月の初勝利で、連敗を14で止めた。同点の二回に西浦の適時二塁打などで2点を勝ち越し、六回は押し出しの2四死球で加点した。由規は5回2失点で3勝目。阪神は能見が流れを悪くし、打線も六回の好...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ