広島が今季最多14得点で、貯金を最多24とした。3―3と追い付かれた直後の八回、新井の勝ち越し二塁打を含む6安打を集めて8点。九回も攻撃の手を緩めなかった。阪神は七回に西岡が同点打を放ったが、4番手...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ