ソフトバンクのバンデンハークは11三振を奪い、6回2安打1失点で約1カ月ぶりの8勝目。高田が四回に先制の1号ソロ、五回に適時二塁打を放った。西武は八回2死満塁でメヒアが凡退するなど終盤の好機を生かせ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ