阪神は追い付かれた直後の九回2死から一、二塁とし、糸原が中越えへサヨナラ二塁打を放った。糸原はプロ初本塁打を含む4安打3打点の活躍。巨人は九回、同点とした後の勝ち越し機を生かせなかった。先発の山口は...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ