広島が引き分けに持ち込んだ。3点を先制された直後の六回に2点を返し、九回に代打新井の適時二塁打で追い付いた。救援陣が無失点でつないだ。ヤクルトは九回に抑えの小川が踏ん張れず、打線も六回以降は拙攻が続...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ