9日に大阪市西区の京セラドーム大阪で行われたプロ野球オリックス―ロッテの試合前に、観客席で広告の設置をしていた作業員が誤って鉄パイプ(長さ約2メートル、重さ約6キロ)を落下させ、グラウンドにいたオリ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ