阪神が連敗を8で止めた。三回に大山がプロ初安打となる先制3ラン。能見は変化球が切れ、6回をソロの1点に抑えて5月31日以来の3勝目。ドリスがリーグトップに並ぶ21セーブ目を挙げた。ヤクルトの原樹は一...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ