ヤクルトが細かい継投で逃げ切った。ブキャナンが5回2失点で5勝目。石山、ルーキとつなぎ、八回は小川がプロ初救援。近藤がプロ初セーブをマークした。打線は0―1の五回に押し出し四死球などで4点。阪神は8...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ