広島は3―3の六回無死三塁から鈴木の左前打で勝ち越し、七回も菊池と丸の連続適時打、松山の2点左前打で計4点を奪った。ジョンソンは7回3失点で3勝目。中日はバルデスが崩れ、連勝が3で止まった。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ