中日のゲレーロが全3打点を稼いだ。一回は犠飛、四回は21号ソロ本塁打、八回は押し出し死球で貢献した。鈴木は5四球を出しながらも七回途中まで1失点で4勝目。阪神は再三の好機を生かせず1点止まりで、今季...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ