オリックスは1―1の八回に6年目の小島がプロ初本塁打となるソロを放って勝ち越した。八回に登板した黒木が5勝目を挙げ、平野が15セーブ目。ロッテは毎回のように走者を出しながら一回の1得点に終わった。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ