24日の広島―阪神(マツダ)は四回裏途中に降雨のため、中断した後にノーゲームとなった。先発投手は広島が薮田、阪神が能見で、広島が3―3と追い付かれた直後の四回裏に2点を勝ち越していた。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ