ヤクルトが今季5度目のサヨナラ勝ち。7―7の延長十回1死二塁で武内が中越えの適時打を放ち、試合を決めた。7番手の石山が今季初勝利。DeNAは九回に2点差を追い付く粘りを見せたが、最後は平田が打たれた...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ