中日の新人柳が7回7安打3失点でプロ初勝利を挙げた。直球、変化球で内外角を丁寧に攻めた。打線は同点の七回1死二塁、亀沢が決勝の適時打を放った。西武は2連敗。安定感の光っていた救援の牧田が打たれ、初黒...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ