楽天が交流戦の勝ち越しを決めた。六回に岡島の適時打で均衡を破り、岸が藤田の好守にも助けられ8回8安打無失点で5勝目。松井裕が21セーブ目。阪神は小野が7回1失点と好投したが、打線が10安打を得点につ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ