中日が連敗を3で止めた。木下拓が二回に犠飛で先制点を挙げ、四回も適時二塁打を打って計2打点。バルデスが7回2安打1失点と好投し、3勝目となった。西武は佐野が一回途中で負傷降板したのが響き、投打ともに...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ