日本ハムが接戦を制した。3―3の八回は松本の一邪飛で、三塁走者の大累が好走塁で生還した。さらに西川も適時打を放ち、この回2点を勝ち越した。中日は救援のジョーダンが踏ん張れず、2カード連続で負け越した...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ