西武は中村が4打点の活躍。一回2死一、二塁で右前へ先制打。三回に右中間席へ14号3ランを放った。岡本は六回途中まで2失点で2勝目。追う阪神は好機に決定打が出なかった。能見は2死からピンチを招いて4失...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ