阪神が効果的に得点した。二回に俊介の2点二塁打で先制し、四回も俊介の1号ソロで勝ち越した。七回は糸原が2点二塁打を放った。先発の秋山は七回途中2失点で6勝目。西武は好機に凡退するなど打線が振るわなか...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ