ヤクルトが1分けを挟んだ連敗を10で止めた。一回に上田の適時三塁打、山田の適時二塁打など打者一巡の猛攻で7点を奪った。ブキャナンは7回2失点で5月2日以来の3勝目。終盤は継投でしのいだ。ロッテの連勝...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ