楽天が接戦を制した。2―2の七回に岡島が左犠飛。再び同点で迎えた八回は藤田が右前に勝ち越し打を放った。九回を締めた松井裕が3年連続20セーブに到達。広島は中崎、ジャクソンがそれぞれ先頭打者の出塁を許...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ