西武が競り勝った。1―2の七回に捕逸で追い付き、1死二、三塁で金子侑の内野ゴロで勝ち越した。菊池は速球に力があり、6回2失点で6勝目、増田が10セーブ目を挙げた。ヤクルトは交流戦に入って4連敗となっ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ