ロッテが連敗を3で止めた。一回に鈴木、根元の連続適時二塁打で3点を挙げて逆転。八回はサントスの来日初の適時打などで一挙4点。唐川はカーブがさえて無四球、7回1失点で2勝目。阪神は一回の高山の先頭打者...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ