逆転勝ちの西武が連敗を4で止めた。0―2の四回に栗山の適時打などで同点。五回には源田と浅村の適時打で2点を勝ち越した。6回2失点と粘った十亀が2勝目。広島は7連勝でストップ。完投した岡田は四回の乱調...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ