広島が7連勝。0―1の四回に会沢の2号2ランで逆転し、五回は新井の2点適時打、堂林の1号3ランなどで6点を挙げた。大瀬良は苦しみながら5回1失点で3勝目。西武は今季初先発のガルセスが制球を乱して崩れ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ