阪神が今季最多の15点を挙げて打ち勝った。4―4の五回に福留や俊介、梅野の適時打など打者10人の攻撃で6点を勝ち越し、以降も加点を続けた。秋山は5回で7失点したが、大量点に助けられて4勝目。ロッテの...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ