団体球技のリーグで構成される日本トップリーグ連携機構は30日、東京都内で理事会を開き、選手やスタッフを対象に、ギャンブル依存症に陥る傾向があるかの調査を6月に開始することを報告した。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ