ソフトバンクの千賀が球威のある直球を生かし、8回1失点でリーグトップに並ぶ6勝目。打線は三回に上林の二塁打、明石の右前打で2点を先行し、七回にも上林が7号3ランを放った。日本ハムは拙攻が多くレアード...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ