DeNAは井納が六回まで安打を許さず、7回1失点の好投で2勝目を挙げた。六回に打線がつながり、6長短打を集めて5点を奪った。阪神は七回に単打を重ねて1点。八回に糸井の適時打で迫ったが、及ばなかった。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ