阪神は一回に上本の適時二塁打やキャンベルの1号2ランなどで4点を先制。キャンベルは三回にも適時二塁打を放った。メッセンジャーが8回1失点でリーグトップに並ぶ6勝目。巨人は大竹寛が今季最短の3回6失点...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ