広島は一回、丸の適時二塁打で1点を先制した。三回には丸の犠飛、六回には鈴木のソロなどで2点、八回には代打ペーニャの2点適時打で加点した。大瀬良は6回無失点で約1カ月ぶりに2勝目を挙げた。ヤクルトは3...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ