阪神が連敗を3で止めた。2―4の七回に高山、上本の連続内野安打で同点とすると、2死二、三塁から福留への敬遠球が暴投となり勝ち越した。ヤクルトはバレンティンの2ランなどで先行したが逃げ切れず、連勝が4...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ