楽天は延長十二回に新人の田中がプロ初本塁打となる左越え2ランを放ち、均衡を破った。3番手の福山が2勝目、松井裕がリーグ単独トップの16セーブ目を挙げた。ロッテは延長に入って好機をつくったが、決め手に...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ