西武は0―1の二回、木村文の2号2ランで逆転し、浅村の4号3ランでリードを広げた。三回にも木村文の適時打と水口の適時二塁打で2点を加えた。ソフトバンクは追い上げたが、序盤での中田の乱調が響き、連勝が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ