巨人は一回に阿部の2ランで先制し、五回に立岡と阿部の適時打で3点を奪ってリードを広げた。菅野は球威、制球ともに抜群で8回を投げてソロによる1失点のみでリーグトップに並ぶ5勝目。ヤクルトはブキャナンが...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ