ヤクルトは1―1の九回に3四球で2死から満塁とし、途中出場の荒木が左越えに2号サヨナラ本塁打を放った。4番手の秋吉が4勝目。中日は10安打ながら13残塁で好投の吉見を十分援護できず、九回は救援の大野...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ