中日が3連敗を免れた。1―3の九回に2安打などで1死一、三塁とし、ビシエドの左越え6号3ランで逆転した。救援のアラウホが来日初勝利。ヤクルトは13残塁で3点止まり。抑えの秋吉が崩れ、好投した小川の勝...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ