ヤクルトが競り勝って5位浮上。1―2の六回にバレンティンの適時打で追い付き七回に坂口の二塁内野安打で1点を勝ち越した。プロ初先発の星は6回2失点。救援陣が踏ん張り九回は秋吉がしのいだ。巨人は2試合連...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ