オリックスは1―1の二回に2点を勝ち越し、三回にモレルの3点二塁打で突き放した。3年ぶり先発の岸田は三回限りで降板し、2番手コークが4回無失点で2勝目。ソフトバンクは摂津が3回6失点と崩れ、九回の追...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ