中日が同点の九回に1死満塁とし、藤井と堂上の連打、松井雅の犠飛で3点を勝ち越した。阪神は一回と三回に2度追い付いたがリードは奪えず、3失策を犯した守りでは記録に表れないミスもあり、流れを引き寄せられ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ