広島の大瀬良が7回無失点で2季ぶりの先発勝利。走者を背負っても要所で踏ん張った。得点は五回に会沢の犠飛で挙げた1点だけだったが、4カードぶりの勝ち越し。巨人は宮国が6回1失点と好投したが、打線が沈黙...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ