広島が逆転勝ちで首位を守った。3―3の六回1死満塁から会沢の2点打と代打堂林の犠飛で3点を勝ち越し、1点差とされた七回には安部の右前打で差を広げた。福井が今季初登板で白星。巨人は大竹寛が粘れず、救援...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ